• HOME
  • サービス紹介
  • ショップ紹介
  • よくある質問
  • ブログ
  • お問い合わせ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ショップ

ショップ
住所東京都台東区上野6-10-7
アメ横プラザ98号
TEL03-3836-3386
営業時間10:00〜19:30
定休日第2水曜日
ショップ紹介
スタッフブログ
雑誌掲載情報
アルバカーキ×ZERO1

カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

Brand name

Designer Takayuki Otuka

大塚 孝幸

History
1994年 渡米
1997年 工房 創業

小さい頃からウエスタンに憧れ、ラングラージャパンに入社。
その頃ホビーとしてレザークラフトを始め、中でもウエスタン色の強いカービングものに魅せられる。
数年後、ウエスタンサドルメーカーになる事を決意し、1994年に弟子入り先を探しに一人渡米。
アイダホ州のサドルメーカー、ドナルド・ブラウン氏のもとで3年間住み込み修業をし、技術の習得に努める。

その間アメリカで数々のセミナーを受講し、コンテストにも出品。
97年度インターナショナル・フェデレーションオブレザーギルドショウのバック部門で優勝。
アメリカのたくさんの職人と交流を深めつつ多くの事を学ぶ。
帰国後1997年、地元群馬県に工房を開きレザークラフト製品のオーダー制作を始める。

アメリカンレザークラフト製品全般(小物からバックなどの大物まで)の受注販売を中心とし、日本で唯一のウエスタンサドルメーカーという一面も持っている。
又地元ではクラフト教室を開いており、全国各地でアメリカンレザークラフト講座の講師として又、講習会講師等の依頼を受けている。

Stem flowはスタンダードブランドですが、Taka Fine LEATHER(タカファインレザー)はお客様のご要望にお答えして、オーダーを承っております。
世の中に一点しかない商品をお作りしております。
又、日本国内では唯一のウエスタンサドルメーカーとして、サドルの受注制作も手掛けています。

レザークラフトとはアメリカで発祥したレザークラフトの技法、またその技法を施した作品全般を総称してアメリカンレザークラフトと呼んでいます。
その技法の中で、最も代表的なのがレザーカービング(革の柄彫り)です。
そしてカービングが凝っている反面、全般的に製品としての仕立てはヨーロッパの物に比べるとシンプルで、またエレガントなヨーロッパ物に対し、アメリカンレザークラフトはカジュアルで力強いイメージがあります。又、装飾性、デザイン性であります。
Taka Fine LEATHER ではその装飾性、デザイン性を最大限に生かし、なおかつ上品な作品作りを心掛けています。

代表なカービングとしては、シェリダンスタイルカービング・バスケットスタンピングをコンビネーションし、淵は手縫い仕上げや、ロープロールエッジ仕上げという技法があります。
花びらや茎の流れる様なこのカービングを一目見れば必ずや誰でも魅了してしまいます。
まさに可愛らしさとカッコ良さを兼ね備える商品と言うより、芸術品です。
そしてちょっと一息目が楽しめるバスケット柄コナーカビング等、心くすぐる出来栄えです。

BELT

バスケットと花柄のベルトは、幅の違うシェイプタイプ。鮮やかなカービングの動きは、使い込むほど色味を増し、フィットしていく。 一生物のベルトになります!

BAG

ベルトバッグは、形の違う2種類。用途によって選んでほしい。
腰につけるとまた一層、自分のファッションの幅が広がります。お出かけの際、つい見せびらかしたくなるアイテム!

WALLET

全体に花柄カービングを施した迫力のあるウォレット。厚みを抑えているのは上質な革を使用しているから。インナースペースにも拘った、Stem flow渾身のデザイン。

GOODS

ホルスタータイプの携帯ケースと、定番のキーケース。こぶりながらも、全体に描かれた花柄とバスケットは、毎日手にする事により、味が増してくる。スタイリッシュなデザイン。