• HOME
  • サービス紹介
  • ショップ紹介
  • よくある質問
  • ブログ
  • お問い合わせ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

ショップ

ショップ
住所東京都台東区上野6-10-7
アメ横プラザ98号
TEL03-3836-3386
営業時間10:00〜19:30
定休日第2水曜日
ショップ紹介
スタッフブログ
雑誌掲載情報
アルバカーキ×ZERO1

カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

Brand name

Designer Miguel Davalos
History
1975年 SilverKing 創業

Silver Kingの創立者のMiguel Davalosは、12歳から兄の靴製作を学ぶ。
21歳の1964年にロサンゼルスに引越し、6年間MacPhearson Saddleryの下で革の馬装置の製造や、革服を作る。

1970年にはマリアD valosと結婚。
その後、妻のマリアの応援の元、1975年Chatsworth(カリフォルニア)で「SilverKing(シルバーキング)」を設立。
後、ミゲルD VALOS Jr.(長男)・マリラD VALOS(長女)・マーシャD VALOS(次女)を出産する。

ミゲルD VALOS Jr.(長男)はカリフォルニア州立大学ノースリッジから1994年にSpeech CommunicationsでB.A.と卒業する。
1996年、デイトンロジャーズ(金属に印を押している製造会社)に勤務し、後4年間製造・販売ビジネスを学ぶ。
2000年秋にシルバーキングに戻り、彼は製造を合理化、又、マーケティグや戦術をより向上するべく現在も製造・管理に励んいる。
ミゲルの銀細工術は幼少の頃からのスケッチの才能を生かし、人の心に焼き付ける程の繊細な造りとなっている。

2001年秋に結婚して、妻のバービーと娘イザベラでChatsworth(カリフォルニア)に住んでいる。
マリラD VALOS(長女)は2002年5月にカリフォルニア州立大学ノースリッジ校のInternational Business学部を卒業。メキシコ留学時には小学生の英語教師の経験もある。
現在はSilver Kingの営業担当として、世界各地にマーケティングツールを広めている。勿論に日本への来日も。明るく・行動的な性格です。

マーシャD VALOS(次女)は2003年12月にカリフォルニア州立大学Business Administration,Management Information System学部を卒業。ハワイ大学への交換留学の経験もある。
家族の中でも最もコンピューターが得意で、Silver Kingの一員として、革・シルバーの製作も勿論も事、マーケティング・情報管理をも担当している。
Silver Kingの大事な一員は・・・愛犬「Tope」
趣味は長~い散歩と水遊び・・何といっても「夕食」です。

現在は、家族全員が協力し、制作・営業を続けている。
Silver Kingは、質・センス共に評判が高く、繊細な彫りと独特なデザインで、今なお多くのファンを虜にしている。

ZIPPO

Silver King(シルバーキング)のzippo(ジッポ)は・・・・。花を大胆にデザインした、アンティーク仕上げ・・・。

BUCKLE

SilverKing(シルバーキング)のバックルは、Silver925を素材としてあります。商品により14金やエメラルドやサファイア等埋め込んでおります。一つ一つ手作りで、同じように彫り上げても二つと同じ柄がありません。
銀製品は、永年の使用により、湿気・空気・汗・熱等で黒ずんできて味が出ます。彫りの入った部分は黒ずみ、彫りの入っていない部分はポリマール等で磨き上げれば尚カッコイイです!BUCKLEは体の中央部です。だからこそ、拘ったオシャレをしてください。

JEWELRY

Silver King(シルバーキング)のジュエリーは、リーフ柄・花柄等流れるようなデザインが、何とも美しく小さな物でもこんな存在感があるのだと、見とれてしまう程です。
リングは裏側にも彫りを入れてある、絶品な商品もあります。又、オーダーも承っており、世の中に一つしか無い貴方だけのJEWELRYをつくってみませんか?